ドラマ ハゲタカに魅せられて
MENU
ドラマ ハゲタカのあらすじ
ドラマ ハゲタカが人気を博したわけ
ドラマ ハゲタカみたいなことってホントにあるの?
ドラマ ハゲタカ 投資ファンドの仕事
ドラマ ハゲタカ ハゲタカと呼ばれる人ってどんな人?

ドラマ ハゲタカのあらすじ

「ハゲタカ」は2007年にNHKで放送されたテレビドラマです。

主人公は大森南朋が演じる外資系投資ファンドの日本代表、鷲津政彦です。

鷲津政彦は日本の銀行を退職したのち単身渡米し投資ファンドの日本代表にまで上り詰めた男で、
冷酷なビジネスマンとしての顔を持っています。

ファンドマネージャーとして日本へ帰ってきた鷲津政彦は
あらゆる手段を使って次々と日本企業を買収し、
その強引な手法から「ハゲタカ」と呼ばれるようになります。

投資ファンドによる企業買収をテーマにした作風は
当時の世相を反映したドラマ展開になっており、
実際に現実の似たケースが想起される内容になっています。

大森南朋の他にも柴田恭兵や松田龍平といった演技派の俳優が揃っていて、
男たちの熱いマネーゲームが展開します。

鷲津政彦のライバルとして立ちはだかるのが、
かつての上司で企業再生家の芝野健夫です。

芝野健夫はグローバル化で苦境にあえぐ日本企業を再生しようとしていて、
外資による日本企業の買収を行う鷲津政彦と激しく対立します。

しかし鷲津政彦もまた日本企業の巻き返しを狙っているのだと分かり、2人は和解します。

本社の命令に逆らい日本企業を救った鷲津政彦は解任され、新たに鷲津ファンドを設立します。

更新情報!

Home

© 2012 All right reserved :ドラマ ハゲタカに魅せられて